オープンキャンパスの服装は制服?それとも私服?

オープンキャンパス

初めてオープンキャンパスに参加するときは、何を着ていったらいいのか?と服装も気になりますよね。制服にすべきなのか私服で大丈夫なのか分からないですし、周りから浮いてしまわないかと親としては少し心配にもなります。

一番上の子が高3の時に、私も3つの大学のオープンキャンパスに参加したので、他の参加者がどのような服装だったのかを書きますね。

オープンキャンパス参加が夏休みの宿題

関西の私立大学に通っている一番上の子の高校では、高1の時からオープンキャンパス参加が夏休みの宿題になっていました。(オープンキャンパスに参加して簡単なレポートを提出)

近隣のほかの高校でも同じように宿題になっていたようで、高1の時は中学の時の友達に誘われて、子どもだけで2つの大学のオープンキャンパスに参加しました。

初めてのオープンキャンパスは制服で参加したけれど

最初は子どもの高校(私立)、友達の高校(公立)ともにオープンキャンパスには制服で参加するようにと言われていたので、制服で参加しました。でも、実際に大学に行ってみると私服の参加者の方が多く、制服で行く特別な理由もないと思ったようで、2回目からの服装は私服です。

高校1年生の段階では、興味がありそうな学科のある大学の中から、なんとなく知っている大学に行ってみるという感じですし、子どもの気持ちとしては、友達とちょっと遠出をして帰りに遊びに行くのがメインの予定で、その点でも私服の方が都合がよかったようです。

私が子どもと参加した関西の私立大学3校でも、ほどんどの生徒が私服だった気がします。でも制服の人が珍しいわけでもなく、私服の生徒が70~80%くらいのイメージでした。

オープンキャンパスに参加した高校生へ服装のアンケート結果

スタディーサプリのアンケートでは、制服と私服がほぼ半分ですし、

まず、「制服と私服のどちらを着て行った?」と聞いてみると、 制服…71人 私服…76人 と、ほぼ半々!
制服 or 私服? オープンキャンパスの服装の注意点とは?|スタディーサプリ

ベネッセのアンケートでは、オープンキャンパスの服装は、制服24%、私服76%です。

制服で行くか私服で行くかは、先輩のアンケートでは私服率が高め。ただ、どちらを着て行っても、浮いたり気まずい思いをすることはない。自分が動きやすい服装で行こう!
オープンキャンパスの服装・持ち物をチェック!|Benesse

ベネッセのアンケートは、実際にオープンキャンパスに参加して感じた、制服20~30%、私服70~80%とほぼ同じですね。

ということで、オープンキャンパスでの服装は、制服私服どちらでも大丈夫ですよ。

服装で失敗しないポイント

制服でも私服でもどちらの服装でも問題ないのですが、オープンキャンパスならではの注意点があります。それは、動きやすい履きなれた靴にすることと冷房に対応できる服装にすることです。

オープンキャンパスには必ず動きやすい靴で

大学のキャンパスは広いことが多く、キャンパス内の移動だけでもかなりの距離になるんですね。都心にある大学ではそれほど広くなくても高校と比べると十分広いですし、郊外のキャンパスだとキャンパス内に複数のバス停があることも。特に学部の種類が多い大学のオープンキャンパスに参加する場合は注意が必要です。

私の子どもはいつものスニーカーやペタンコのサンダルで参加したので問題なかったのですが、大学によっては、制服で参加する場合でもローファーではなくスニーカーにした方が無難かもしれません。私服だからとヒールの高いサンダルなどは避けた方がいいですよ。

子どもが通っている大学は広いだけでなく、キャンパス内に高低差もあります。座って授業を受けていることが多い高校時代に比べて運動量が多くなったようで、入学してから夏休みまでで、自然に4㎏やせたほど!というわけで、オープンキャンパスには、たくさん歩ける靴で向かってくださいね。

冷房対策に脱ぎ着しやすい服装がベスト

オープンキャンパスは、春休みや夏休み、秋の大学祭の時期に開催されることが多いです。春や秋のオープンキャンパスはそれほど何を着るか気にしなくても大丈夫ですが、夏は少し注意が必要です。

外はとても暑いので、つい薄着でオープンキャンパスに参加してしまいがち。でも、ほとんどの大学の教室は冷房がかかっており、中には効きすぎて肌寒さを感じることもあります。外の暑さと室内の涼しさに対応できるよう薄手のカーディガンやパーカーなど、上から羽織れるものがあると便利ですね。

AO入試や推薦入試も検討しているなら派手すぎない服装で

オープンキャンパスの時は、制服でも私服でも問題ないようですが、派手すぎない服装の方が安心です。なぜなら、AO入試や推薦入試を検討している場合、オープンキャンパスの参加を必須としている大学もあるからです。

例えば、私の子どもが高3の時にオープンキャンパスに参加した大学では、推薦入試で「オープンキャンパスで担当職員と面談、その時に発行される面談済みの証明書を出願時に入学願書などとともに提出する」というケースもありました。

オープンキャンパスの日に担当職員の方と個別面談することになった場合、こんな格好で大丈夫かな?などと不安になってしまわないような服装がいいですよね。その場の服装が合否に関わることはないようですが、自信を持って話をできるよう、派手すぎない服装がいいと思いますよ。

オープンキャンパス参加の親の服装

オープンキャンパスには親も同伴しているケースも多く、私も子どもが高3の時には3つの大学のオープンキャンパスに参加しました。

私が大学受験をしたころは、オープンキャンパスという制度自体がなかったので、オープンキャンパスはどんな感じなのか興味があったんです。せっかくなので、いろいろな大学を見てみたいと春に1校、秋に2校の参加、それぞれの大学の特徴や設備などが分かって面白かったです。

その時の服装は、ブラウスや襟付きのシャツにスカートまたはきれい目のパンツスタイル。靴は普段履いているローヒールのパンプスにしました。

親の服装をチェックされていることはほぼないと思うのですが、カジュアル過ぎないほうがいいかとオフィスカジュアルという感じにしました。具体的にはユニクロの新聞折込広告に掲載されている仕事着風のシャツやパンツのイメージです。

まわりの保護者の方もカジュアル過ぎないきれい目の服装が多かったようです。両親そろって参加されている方もけっこういらっしゃって、お父さんはチノパンにシャツ、スーツ、ジーンズなど様々でした。とはいっても主役は子どもですし、特別派手でなければ、周りから浮いてしまうこともなかったように感じましたよ。

  • オープンキャンパスの服装は、制服・私服どちらでもOK
  • 履きなれた歩きやすい靴は必須
  • 冷房対策に羽織れるものがあるとベター
  • 急に個別面談になっても慌てない服装がいいかも
  • 保護者は、学校の参観日に行ける程度の服装で十分