志望学部や学科の選択は、高校1年生から必要!

辞書とノート 志望校の決め方

この記事では、社会学系の学部に通う私立大学生の長男、文化学を学びたいと思っている高2の長女それぞれがいつ頃、どのように2年生からの文系理系のクラス分けを選択し、志望学科や志望校を考えたのかを書いています。

文系理系を決めるのはいつごろ?

進学する生徒が多い高校では、高校2年生から文系と理系でクラス分けされますよね。うちの子たちの高校でも高2からクラスが分かれました。

進路指導が充実していた私立高校

現在大学生の長男が通っていた私立高校では、高校1年生の時からカリキュラムの中に進路指導も含まれていて、進路指導がとても熱心でした。夢ナビライブなど進学イベントも学校内で申し込みがあり、課外授業として高校から一斉にバスに乗って参加したほど。

夢ナビライブ2018 | 大学研究&学問発見のための 国公私立大 合同進学ガイダンス
夢ナビライブ2018は大阪・東京・名古屋・仙台・福岡の全国5会場で開催する国公立・私立大学が多数集結する合同進学ガイダンスです。大学個別説明ブースや学問の講義ライブなど大学進学希望者必須のイベントです。

そういう状況だったので、本人は複雑な大学受験のシステムも早めに理解できているようでした。

コンピュータが好きだけど、数学が苦手!文理選択で迷う

長男の高校では、高1の夏休み前に1回目の文理選択調査がありました。理系クラスに進みたい場合は、定期テストとは別に、数学のテストを2回受けなければならず、そのテストで一定の点数が取れないと理系クラスには進めません。

長男は1回目の文理選択の調査では、機械やコンピュータが好きなので、工学部に行きたいと理系を選択。けれど、数学が苦手で、高校の定期テストでは赤点ギリギリばかり。そんな状態だったので、なんとかテストをクリアして理系に進んでも、受験どころか進級さえ危ないと本人は思っていたようです。

どうしても工学部に行きたいのなら親としては応援するけれど、数学が苦手すぎると大学でかなり困るんですよね。(夫も私も工学部でした)

そこで、夏休み中に親子でいろいろ調べたり、話し合った結果、高校は文系クラスにすることにしました。というのも、社会学系統の学部の中には、情報学を扱っている学科があることが分かったから。文系の学部で情報学を学べるのなら、数学が苦手なのに、無理に工学部に行かなくてもいいのではという結論です。

2学期の進路調査では、文系を選択。長男はその時点で文系に決定しましたが、長男の高校では、迷っている場合、文理選択の最終決定は高1の年明けまで持ち越せたようです。

モノよりヒトに興味がある!文系の社会学系に決定

長男と文理どうしようかと話し合っているとき、「ヒトとモノ、突き詰めるなら、どちらがいい?」という問いに、長男は「ヒト」と答えたんですね。小さなころから機械が大好きだったのに、びっくりです。

でも、人見知りもなく、いろいろな人と話すのが好きで、人前に出ても緊張しないタイプ。モノへのこだわりが強い私とは違っています。(夫も家業を継ぐため工学部でしたが、人と接するのが好きで長男と似たタイプ。)

それなら、広く人間の社会を学ぶ学科の方が向いているんじゃないかと情報学も含む社会学系を選択肢に入れました。その後、いくつかのオープンキャンパスに参加して、社会学系の学部で話をきき、社会学部を中心に受験しました。

もともと文系に興味があるなら、文理選択は簡単

現在高校2年生の長女の文理選択はとても楽でした。もともと言葉や文化、美術に関することが好きで、国語が得意。あっさり「文理希望の調査書に文系志望って書いたから、ハンコちょうだい」と文系クラスに決定しました。この時点では、言語・文化・美学など気になっている様子で、学科は決めていなかったようです。

長女の高校は公立の進学校で、1年生の夏休み明けすぐに、2年生からの文理の選択を決定。文理選択のタイミングが少し早めですし、2年生から3年生に進学するときに文理変更をした生徒も過去にいないということなので、この高校に長男が通っていたら、ちょっと慌ててたかもしれないと思っています。

高校によって進路指導はさまざま

長男の高校は私立だったためか、保護者全体への進路指導も充実していて、大学進学説明会やオリジナルの進路指導の冊子がありました。個人に合わせて受験校の提案をしていただいたり、推薦狙いなら英検をすすめられたりと個別の指導も細かかったです。

長女の学校は、子どもへの指導はされているようですが、保護者に対しては高校1年の1学期に、文理選択の説明会が1回あっただけです。

私は長男の大学受験で概要を知りましたが、保護者の世代の時と比べて、公募推薦やAO入試など大学受験の方法が複雑になっています。長女の高校の場合は、保護者自身が積極的に情報を集めないと何も分からないまま受験の年になってしまいそうです。

高校生にもなると、進路についても本人に任せる部分が多くなってくるけれど、文理の選択だけでも、高校によってかなり違っているようなので、親としては注意が必要ですね。

  • 文理選択の調査は高1の夏休みごろが多い
  • 進みたい学部学科の検討はできるだけ早めにしておく
  • 高校によって進路指導の充実度が違う
  • 古くからある公立進学校は生徒まかせの場合も
  • 大学受験は複雑なので、保護者も積極的に情報収集を

以上、「志望学部や学科の選択は、高校1年生から必要!」についての記事でした。