憧れの大学に入りたい!大学名で志望校を選ぶってあり?

早稲田大学 志望校の決め方

この記事では、志望校を決めるときに学部や学科を選ぶのではなく、大学名優先で決めるケースについて書いています。

将来の職業や興味のある学問から大学を選ぶのが主流

進学校では高校2年生から文系クラスと理系クラスに分かれることが多いですよね。うちの子が通っていた高校でも入学してホッとしたのもつかの間、すぐに大学受験に向け文理選択の進路説明会があったので、とても驚きました。

高校の進路指導では、まずは本人のなりたい職業や好きなこと、適正などを踏まえて、大学で学びたい学問をおおまかに決めることから始まったようです。

その流れに沿って、うちの子たちは学部・学科を選ぶ方法で志望校を決定しました。

文系でも情報学を学べる!どう選ぶ?大学の学部学科の決め方の例1
この記事では、私立大学の社会学部系の学科に通う長男が、どのような経緯で大学の学部学科を選んだのかを書いています。 工学部に行きたいけれど、数学が苦手…どうする? 私立大学の社会学系統の学部に通う長...
志望大学や学部を決めるには就職のことを考えなくちゃダメかな?大学の学部学科の決め方の例2
この記事は、高校2年生の長女が志望学部や大学を決めたときにどのように考えていたのか、また親としてどんなことをアドバイスしたのかを書いています。 将来の仕事も考えて進路を選ばなくちゃダメ? 現在高2...

夫も私も行きたい学科があり、大学名より学部学科優先で受験しています。でも、大学を先に決める場合も結構あるようですね。

志望大学を先に決めるケースもある?

例えば、長女の高校先輩の一人は「大学は東京へ!早稲田か慶応に行きたい!」と考えたそうです。その2校を選んだ理由は、有名な大学だから。

すごく単純な理由ですが、地方から東京の大学に進学するには、とてもたくさんの費用がかかります。私立ならなおさらですよね。なので、親が納得できる進学先として、この2校を選んだそうです。

両方のオープンキャンパスに出かけ、大学の雰囲気を知り学生の話をきいて、最終的に早稲田大学を第一志望に決定。早稲田の複数の学部学科を受験して見事合格。今は楽しい大学生活を送っているそうです。

私立大学はそれぞれ入試に特徴

先日、高2の長女がその早稲田大学に通っている先輩とお会いして、受験のときの話を聞いてきました。

実は、先輩は早稲田大学より偏差値が低い他の大学は合格できなかったそう!

「早稲田に行きたいと思ったから、早稲田の入試に向けて勉強した。大学入試は問題の範囲や出し方に大学ごとの特徴がすごくあるから、ほかは受からなかったのに早稲田には受かった。東京に行きたいなら、特に私立は大学で選んじゃうのもありだよ」

長女はかなり驚いたようですが、同じ大学の学部を複数受験することはよくある話です。

先輩は合格できるようかなり勉強したはずですし、誰にでも当てはまることとは思いませんが、私立大学はそれぞれの入試の内容や配点に違いが大きいので、大学に合格するために、こういう考え方もできますね。

同時に複数受験が可能な私立大学

国公立大学では、合格したら必ずその大学に進学するのが前提なので、同時に複数受験はできません。(推薦入試、前期日程、後期日程など時期をずらせば可能)

でも、私立大学は何度も受験できるんですよね。一般的に11月から公募推薦(自己推薦)入試が始まり、2月の一般入試とセンター試験利用入試、3月の後期の一般入試まで、複数の受験機会があります。

関西の私立大学では、公募推薦入試も他大学や同じ大学の学部併願の併願が可能。推薦と名前がついていますが、英語・国語・数学など学科の試験が課されていることが多く、実質早期入試と同じような感覚です。(同志社大学や立命館大学には公募推薦の制度自体がありませんし、公募推薦入試は専願のみの大学もあります)

しかも大学によっては、公募推薦にも複数の日程があり、受験方法も当日試験のみや高校の評定を含むなど複数で、何度も受験できるんですよ。もちろんその都度受験料がかかり、複数受験割引なんて制度まであったりします。

一般入試にも同じように、3教科型・2教科型・センター利用など複数の受験方法や日程があります。

どうしても行きたい大学がある場合、同じ大学を何度も受験できるチャンスがあるのはいいことですし、その方法で合格した人もいます。大学受験の親の一番の役割は、受験費用を多めに用意しておくことかもしれませんね。

  • 一般的な進路指導では、将来の職業や興味のあることから学部学科を決める
  • 大学名で選び受験することはよくある
  • 私立大学では複数学部学科を同時に受験できる
  • 私立大学は入試問題にそれぞれ特徴があるので、受験校にあわせた傾向と対策が有効
  • 受験費用は多めに用意しておく

それでは「憧れの大学に入りたい!大学名で志望校を選ぶってあり?」の記事を終わります。